映画

映画は教養や生き方を学ぶ為と言うと少し大袈裟だが、観る前と後では知識量や活力が異なる。監督が人生を賭して作っただけあって、本来体験出来るはずの無かった別の人生を体感することが出来るのである。

また、最近ではシネコンの最新設備(IMAX、3D、4D)や企画(爆音、極音、応援上映)によって、映画館というよりアミューズメントパーク化していて、安い金額で長くて質の高いアトラクションに乗っているような気分に浸ることが出来る。映画の内容にもよるが、暗闇の中で集中して世界観に浸れるのはとても贅沢なことだと思う。

目黒シネマは1回しか行ったことがないので好きな映画館とは言えないけど、単館系の映画館が近くにあると幸せである。ちなみに一番好きな映画館は京都シネマである。
(※写真をクリックすると記事一覧へ)



スポンサーリンク