美術

切っ掛けは貧しさだった。学生時代に初めて出来た彼女の為に、色々な場所に連れて行こうと思ってもお金が追いつかなかった。
そんな中、美術館を見つけ『塩田千春 精神の呼吸』展に行った。大学生料金130円という破格の値段であるにも関わらず、想像を絶する世界を見せてくれたのである。
それが2008年の出来事で、今でも美術館やギャラリーへ足を運んでいる。説明不要の狂気の世界は最高に美しい。

植田正治写真美術館。写真好きにはたまらないはず。
(※写真をクリックすると記事一覧へ)



スポンサーリンク