【LAMY】ラミー展(thinking tools.プロセスとしてのデザイン)に行ってきました

2018年3月3日~4月8日に21_21 DESIGN SIGHTで開催された『LAMY展』に行ってきました。

LAMYと言えば、ドイツ製の文房具のメーカーで万年筆やボールペンで有名です。LOFTや東急ハンズなどのちょっと高級な文房具コーナーでよく見かけると思います。

2016年には、LAMYデザイン50周年のアニバーサリーイヤーで各クリエーター達が『ペン』でメッセージを送る企画が実施されました。
→”50 Creators with Lamy

『thinking tools展』では、ペンのデザイン過程に焦点を当てて、初期のプロトタイプやスケッチなどを展示されていました。

写真撮影は禁止されていたので動画を貼っておきます↓

【 超愚見 】LAMYは、市販されているボールペンより若干お値段が張るボールペンで、手が届かないわけではないけど、少し手を出しにくいイメージです。それ故に、プレゼントすると喜ばれる商品だったりします。コラボものもあったりするので、限定品は更に喜ばれると思います。また、本展が開催されたデザインサイトですが、いつ行っても六本木感を味わえます。東京ミッドタウン内の緑地「ミッドタウン・ガーデン」の中にあり、優雅に犬の散歩やベビーカーを押している家族が沢山います。六本木のど真ん中で犬の散歩って異次元の方々ですよね、、、そんな空気も味わえます笑。


スポンサーリンク

おススメPOINT

①LAMY製品を使ったインスタレーション作品が展示されていました。

②インスタを使った参加型展示もありました。

③プロダクトデザイナーである深澤直人とLAMYがコラボしたペンが販売されていました。

おススメ度:★★★☆☆

『thinking tools.プロセスとしてのデザイン ― モダンデザインのペンの誕生』
場所:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3
会期期間:2018年3月3日~2018年4月8日
入場料:無料

・展覧会HP→http://www.lamy.jp/thinkingtools.html
・LAMY公式HP→http://www.lamy.jp/
・21_21 DESIGN SIGHT公式HP→http://www.2121designsight.jp/