【備忘録】2018年1月22日首都圏大雪警報の件

ふと写真を見返していて、今見ても幻想的な風景だったので、ここに残しておきたいと思います。

2018年1月22日の昼頃から首都圏で雪が降りだし、降雪のピークと帰宅時間が重なり、交通機関に大きな乱れが発生しました。

昼過ぎ頃から早退する人が続出し、駅の改札付近では大行列ができ、帰宅難民が続出しました。積雪量は20センチとなり、ここまでの大雪は都心では4年振りとのこと。

僕は、19時半頃に渋谷から下北沢まで帰ろうとしていましたが、井の頭線はまだ人混みが激しく、改札の中に入れる状況ではなかったので、神泉駅まで歩きました。

極寒の中、渋谷駅から神泉駅まで歩くのはかなり辛かったですが、神泉駅は割と空いていたので、すんなり乗れて良かったです。


スポンサーリンク

こんな大雪が毎日続くとなると、げんなりしてしまいますが、オリンピックくらいの周期であれば大変と思いつつも、やはりテンションは上がるので良い思い出です。

【 超愚見 】この大雪の2日後、気象庁から東京地方の全域に「低温注意報」が発表されました。水道管の中の水が凍ってしまい、水が出なくなる可能性があるとのことで、注意が促されました。僕は関係無いだろうと会社から帰ってきて、風呂に入ろうとしたら水が出ませんでした、、、さすが凍狂です。ちなみに、更に備忘録として残しておきたいのですが、2018/03/21(春分の日)も雪が降り、積もりましたので、3月末もめちゃくちゃ寒いんだよということを覚えておきましょう。
おススメPOINT

①雪はなんだかんだテンションがあがります。

②雪には吸音効果がある為、積もるといつもより静かな世界になります。

③雪化粧は美しい。

おススメ度:★★★☆☆

場所:渋谷・下北沢