覆面芸術家banksyがニューヨークを翻弄する『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』がヒントになる

覆面という謎に満ち溢れたスタイルに惹かれる人も多い芸術家banksyの映画をご紹介します。

現在では世界的に有名なアーティストになりましたが、始まりは美術館の人気のない場所で無断に作品を展示し続けていたことで有名になりました。

作品はいつもゲリラ的に行われ、無断で壁にスプレーで描くグラフィティアートを中心に発表しています。

作品内容は、反権力・反資本主義など社会風刺的な内容が必ず盛り込まれており、風刺×違法×アートから「芸術テロリスト」とも呼ばれています。

落書きが犯罪であるがゆえに、バンクシーの正体は現在も不明です。一部憶測では、複数名で行われているという情報もあります。

今作『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』という映画では、そんなバンクシーを追いかけたドキュメンタリー映画です。

2013年10月1日に、突如ニューヨークの路上に現れた「スプレー缶を手にした少年」の絵を皮切りに、1カ月間、バンクシーは毎日1作品をニューヨークのどこかに発表すると公式HPに投稿しました。twitterなどのSNSで反響を呼び、公式HPで発表される作品を人々が探し回るようになります。

発表された作品に対する人々の反応は様々で、称賛して写真撮影する者、作品を塗りつぶす者、所有物にして売買する者、逮捕するという市長など、人々は混乱していきます。

個人的な感想としては、その辺に落書きしているチンピラではなく、非常に頭が良い人が緻密に計算して発表しているのだろうなあ、です。作品のクオリティ、メッセージ性、展示するスピード、資金、場所、逃走ルート、人脈、逮捕されるリスク、様々なことを全てクリアにして無駄なく投じるのは、普通では無いですよね。

作品作りをしている人が観ると何かのヒントになる映画だと思いますので、是非観てみてください。


スポンサーリンク

上記と関係あるのかわかりませんが、渋谷のとある高架下でこんなものを見つけました。

近づいてみると、絵が3枚並べられています。捨てられているのか、置かれているのか、描いた人にしかわかりませんが、2018年3月中旬からずっとあります。

なんなんでしょうね笑。

おススメPOINT

①覆面芸術家banksyの徹底されたスタイルに衝撃を受けます。

②この映画を観るとフィクションじゃないかと思う人もいますが、下記の公式HPを観ると本物なんだと鳥肌が立つと思います。

③バンクシーの活動は犯罪行為ではありますが、世に何かを投げかける、その姿勢は非常に価値があると思います。

おススメ度:★★★★★

Banksy公式HP→http://banksy.co.uk/
instagram→banksy

ジャンル:ドキュメンタリー
監督:クリス・マウカーベル
上映時間:1時間19分
初公開: 2014年10月11日