【松本人志×高須光聖】いつ聴いても古さを感じない伝説のラジオ番組『放送室』

かつて『放送室』というラジオ番組がありました。パーソナリティはダウンタウンの松本人志さんと放送作家の高須光聖さんの二人で、フリートークだけで進行する1時間番組です。

この番組は、2001年10月4日~2009年3月28日までTOKYO FMをキーステーションに全国37局ネットで放送されていました。

放送回数は391回で、基本2本録りで収録されていました(たまに3本録り)。また、松本さんと高須さんは小学校からの同級生で、2人の昔話や時事ネタ、最近あった出来事など、幅広く話しています(開始当初は五十音をお題としていました)。

この番組の魅力は、『笑い』と『友情』です。笑いとは一体何なのか、面白いとは何か、スベるとは何かまで様々なパターンで(笑いを交えつつ)教えてくれます。

その考え方は、番組が終了して10年近く経ってもいまだに変わっていません。それゆえ、この番組を聴き過ぎると、人の会話がつまらなくなってしまいますのでご注意ください笑。

そして『友情』についてですが、小学校からの付き合いで話すトークは、誰にも真似ができないリズムと会話の質があります。友人であり続けるとともに、同じ業界で、同じ番組で戦い続ける二人の会話には感動すら覚えます。

また、自分の話で恐縮ですが、僕はこのラジオが無ければ今の自分はいなかったと思います。当時リスナーだった僕は、MDに録音して同じ回を1日に5回も聴くほどのヘビーリスナーでした。

何回も聴いているとラジオ番組というより、一つの曲に聴こえてくるのです。面白い話にはAメロ、Bメロ、サビの構成があり、一つの曲として聴けます。

この番組を何度も何度も聴いていくうちに、他人の会話に興味を抱かなくなり、お笑い番組をよく見るようになり、他の芸人さんのラジオ番組を聴くようになり、Podcasstを聴くようになり、自分でもやってみようと思い、ネットラジオ番組を作るまでに至りました。

そして、Podcastを聴かなければweb関係の仕事にも就くこともなかったと思います。『放送室』に受けた影響に関しては、まだまだ語り尽くせないので別記事でも紹介させていただきたいと思います。


スポンサーリンク

おススメPOINT
①第1回を今聴いても古さを全く感じません。初々しさゆえに新しさを感じるほどです。

②高須さんのトークスキルはどの業界でも役立つと思うので勉強になると思います。

③(私見ですが)番組内で松本さんが話していたワイドショーをやってみたい発言は、今のワイドナショーにつながっているのだと思います。

※放送室リスナーの方が非公式ですが凄まじいクオリティのHPを作成したようです↓
松本人志の放送室 非公式・非公認ファンページ

おススメ度:★★★★★