マンガ大賞2017大賞受賞の『響~小説家になる方法~』を読んでみた


とある文芸出版社に連絡先無しの原稿が送られてくる。天才的な文章に感動した編集者は作者を追い求めるが見つからず。
その作者の正体は女子高生だったのだが、、、

天才ツンデレ系女子の設定に見飽きてしまったのか、僕にはあまり響きませんでした。
(まだ1巻しか読んでないからかもしれませんが)
僕が高校生の時に読んでいたら感化されて、この漫画にも登場する文芸部の活動を真似ていたかもしれません。

また、実際に響が書いた作品が読めたら面白いのですが、その辺りは『BECK』の感覚で楽しまないといけないのかなと思いました。


おススメ度:★★★☆☆



スポンサーリンク